FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『コンスタンティン』 感想 

いぜんHDDに録っておいた映画『コンスタンティン』をやーっと観ました。
キアヌ・リーブス主演に惹かれて 観始めましたが、

実は
ガフリエル役の ティルダ・スウィントン が 一番かーーっこ良かったのだ!!!


この方は『ナルニア国物語Ⅰ』で「白い魔女」を演じた女優さんで、この時も
「すごい、イメージどおりだ~~~!!こんな魔女みたいな人がいるんだ~~!」と
感動したもんだったけど、

「ガブリエル」はカッコよかったーーーーーー!!!

声もいいのね♪
低温で。感情を抑えてて。(日本語吹き替えの大地真央さんも上手かったv)

最初のシーンの華奢な身体にダーク・スーツ姿も スゴイよいし^^
後半での、ピタッとした白いツナギっぽい衣装姿もよい~~~~~~~!!!!
キアヌの顔を踏んづける素足が また 美シーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

あの、子供なのか老人なのか 少女か少年か 
女なのか男なのか 聖なのか邪まなのか 不肖な感じが たいそう 魅力的。
人間外の存在を演じさせて あれほどしっくりくる人って
なかなか いないと思います。
うーーーーん、ティルダの出ている映画を追っかけるぞーーー!!!
(好きな俳優さんを見つけた後の楽しみ&喜び♪)


あ、映画『コンスタンティン』自体はどうだったか、というと
(この先 ネタバレ注意です)
まあ、よくある悪魔祓いモノって感じで
 (「悪魔」の復活を必死に阻止する主人公、ってヤツ)
”特にどうというほどでも・・・”というのが 正直な感想;
ガブリエルがカッコ良すぎるので HDDから削除できずにいる、という状態。

キアヌは、なんだろう、ダーク・ヒーローを目指してたのかな~~、あの映画では??
私は彼の国籍不明っぽい顔がとても好きなんですが
彼が扮する主役のコンスタンティンには、全く何の感情も湧かなかったんだなー・・・
なんでだろう??

アメリカ映画って、あの手の
「悪魔モノ」映画(エクソシスト、オーメン、とか)がすごく多い気がするけど、
なんでなんだろう??

「神さま」の締め付けがきつ過ぎるんでしょうか?
仏教には キリスト教みたいに「神」の対極の存在としてある「悪魔(=サタン)」にあたる存在はないと思うんだけど。(せいぜい鬼??閻魔様?違うよな~~;)
キリスト教圏の 宗教が絡んだ映画とか小説って、私には根本的なところでよく理解できないんですよね。
なぜそこまで自分を責める?とか
なぜそんなに他を排斥する?とか憎む?
なぜ他をそのまま放っておかない?(同化させるか、しないなら殺す、とかさ)

もの心付く前から どっぷりと キリスト教文化に囲まれて暮らしてきた人間じゃないと
わからないんじゃないか、って気もします。
逆に、
生まれた時から一神教の文化で育った人には、
日本人のように「私、無宗教です」と言って平気でいられる精神性は 理解できないんだろうな。
私は、今の「No religion」な日本社会で 
”宗教”に囚われずに普通に暮らしていけることを 幸せだ と思ってますが。

スポンサーサイト
[ 2008/06/03 01:22 ] 映画のお話 | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

kerota17

Author:kerota17
無職の主婦。カエルと犬と本とコタツが好きです。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。